2014年7月29日火曜日

不快な報道

岡山県の監禁事件の報道。
事件の内容より、報道の仕方が不快です。

こういう報道って、容疑者や犯人を悪い印象で伝えようとする。
写真も、印象悪く写ってるものが多い。成育歴も、良くない面がピックアップされる。知人の証言とかの選び方もそう。
たまにプラスの印象のものが使われても、「あんなにいい人がまさか〜」的にひっくり返すこと前提だったりする。
悪意を感じる。

それはいつものこと。
今回の報道で、いつにも増して引っかかったのは、犯人の肩書き。
犯人は「自称イラストレーター」だという。なんて悪意のある表現だろう。
「自称」って、その後に続く言葉を否定する言い方。それも、すごくバカにした言い方。
イラストレーターの人、そう呼ばれたら不快でしょ?僕なら自称ミュージシャンか。不快ですね。

自分が、あるいは家族が、友達が、自称◯◯って呼ばれたら嫌でしょ?
少し前にも「ろくでなし子さん」の事件があった。彼女は「自称アーチスト」とされていた。
こういう報道してる人は、想像力がないのか、感覚的に欠損があるのか。
「自営業」とかでいいじゃん。蔑めたいなら「無職」でも十分だと思うけど。わざわざ「自称」って使うなんて、あまりに子供じみてる。

そもそも、フリーランスなら誰でも「自称◯◯」と呼ばれる可能性があるわけで。
それとも報道業界には、基準があるのか。
年収いくら以下は「自称」とか。
いや、もっと細かく決まってるのかもしれない。
例えばミュージシャンなら、収入の何割以上は純粋に演奏から得たものでなくてはならない、とか。印税や、教えたり出版したりする収入はカウントされない、とか。

ちょっと感情的になってしまった。
何が言いたいかというと、こんな報道の仕方をするメディアは信じられないということ。
この報道を見て、非道い事件だね〜悪い奴だね〜で終わりにしてしまう人もいるだろう。悪意のある言葉に触れて、悪意が心の奥に残って終わるかもしれない。そうやって悪意が世の中に蔓延していく。
でも本当は、伝える側の表現ひとつで、受け手にもっと色んな事を考えさせたりすることだってできるはず。
不要な悪意をバラ撒かないで欲しい。

物事には多面性があるし、100%混じり気のない悪者なんていない。
そういう視点がなかったり、他人の葛藤や悲しみに思いを巡らすことができないから、人が死ぬんだよ。
世界を平和にできるのは、想像力。
僕はそう信じています。





2014年7月26日土曜日

アルバート式クラリネット

僕の吹いてる楽器は、アルバート式クラリネットといいます。
現在のクラリネットよりも以前に普及していた、今はもう作られていない楽器です。
といっても、古楽器と呼ぶようなものではなく、外見もほぼ現在の楽器と変わりません。
違うのは、内径やトーンホール(指穴)の大きさ、キイの数や配置などの細かい部分です。
トーンホールが大きいので指で塞ぎづらいし、キイも少なかったりして、うんと指を広げて演奏しないといけないので、正直やりづらいです。
音にもムラがあるし、ピッチも不安定です。

現在のクラリネットはボエーム式と呼ばれ、操作性の向上のためにキイの数が増え、ピッチや音色の均一化のために内径やトーンホールのデザインが変更されています。

今では世界中のほとんどの地域でボエーム式が使われています。
クラリネットの歴史としては、その後もボエーム式に更に改良を加えた楽器がいくつも登場しましたが、普及しませんでした。
それだけボエーム式は楽器として完成されているんです。
僕も以前はボエーム式を吹いていましたが、あらゆるキイに対応できるし、とても吹きやすいです。

じゃあなんで僕がアルバート式を吹いているのか。

それは、音色が好きだから。
さらに、音が不安定なことが、逆に一つの音の中での自由度を高めてくれます。
よりボーカルに近い感覚、と言えばいいでしょうか。
実際に聴いた方は分かると思いますが、僕の演奏は、いわゆる「クラリネット」のイメージとはだいぶ違います。
誰も僕のようには吹けません。
僕も、普通のクラリネット・プレイヤーみたいには吹けません。
いや、実際には、必ずしも不可能ではないとも思います。
ただ、それならボエーム式を選択すればいいわけで、わざわざアルバート式を吹く理由がなくなります(例外として、戦略的にアルバート式を選択したプレイヤーに Evan Christopherがいます。本人いわく、ボエーム式のプレイヤーは数多く、抜きんでることが難しいから、セールス・ポイントとしてアルバート式にしたそうです。そしてその戦略は成功しています。)。
僕は歌が好きです。
斬新なフレーズや宇宙的アドリブには興味がありません。
歌心やメロディの中での表現力を追及した結果、アルバート式という選択になったのです。

自分の音色・演奏には確信を持っています。

ただ問題は、ハマる場が少ないということです。
それで悩んだ時期もありましたが、最近は吹っ切れました。
別に色んなことやって器用に世の中渡っていく必要はないということです、やっぱり。
そういうのが得意な人は他にいるし。
既成の枠内に場所がないのはもう仕方がないんで、自分に正直に進むしかないです。
ひとつだけ心配なのは、楽器の寿命。
愛用の楽器は 80年以上も前に作られたものなので、僕より先にくたばらないでくれ、と願うばかりです。
愛器が健在な限り、アルバート・クラリネット奏者として精進してゆきます。

アルバート・クラリネットについては、今後も少しづつ書いていくつもりです。

ご期待を。

2014年7月24日木曜日

ブログって大変だ

ブログって大変だ。
こんな大変だとは思わなかった。
何が大変かって、書くことじゃなくって、設定とかそういうこと。

物事には何でも理由がある。
ブログが大変なのは何故か。
考えるに、まずBloggerのサービスを選んだこと。
なんでBloggerにしたのか、特別な理由はもちろんありません。なんとなくかっこいいから、かな。
Bloggerを知った、少なくとも意識したのは、アメリカにいたとき。
英語圏で音楽やクラリネットのことをネットで調べてると、色んな人のブログに行きついて、それがけっこうな割合でBloggerだったんです。あとWordPressも多かった。どっちも、あんまり見たことないクールなロゴが印象的でした。
日本にいたときはネットで特定のブログ読む習慣もなかったし、帰国した頃にはいちばん慣れ親しんだブログになってましたね。
なので、ブログ開始にあたって、ぱっと浮かんだのはBloggerとWord Press。色々調べてみると、なんかカスタマイズとかできて思うようにやれて良さそうだ、と。自分にぴったりじゃないか、と。自然な流れでした。

さらに、ブログのデザインも、デフォルトじゃない、海外のにしてしまった。
やっぱり、カッコつけたいじゃないですか。
おかげで、自動で何か設定されることがたぶん少なくて、しかもサポート的なことがなくて、何をするにもネットで調べて格闘する羽目になってます。
PCとかの知識ゼロで数字とか記号とか嫌いなのに、htmlとかcssとか、本当しんどいです。
本屋行って入門書とかもめくってはみたけど、道は遠い。

さしあたっての課題は、Facebookにブログのリンクを投稿すると、本来のBloggerアイコンの代わりに工事中みたいな表示が出てしまうこと。
こんな風になってるの、他で見たことないんだけど。ネットで検索してもまったく原因がわからない。とりあえず、ファビコンなるものを作ってみて、RSSフィードなるものを取得してみたけど、これで何が変わるのかは全く想像もつかない。

でも、ブログのデザイン、気に入ってるんです。
なかなか素敵ですね、と言われるブログにしてみせますよ。現状、なかなか手ごわいですが。

アメリカの知人にメールしたら、こんな返事が。
「If you can learn to play the clarinet, you can learn pretty much anything (クラリネット吹けるようになったんなら、他の事も何だってできるようになるよ。)」
ナイス。





2014年7月22日火曜日

「生音横丁」at 庄や 青物横丁店!!

昨日は、噂の店、青物横丁の庄やに行ってきました。
チェーンの居酒屋にも関わらず「酒場音楽祭」というライブイベントを定期的にやってるという。
昨日は「生音横丁」というまた別のイベントで、15時から3組のライブがありました。昼から酒飲んで音楽聞いて。店には酔っぱらいがあふれて騒いでる状態なわけですが、すごくハッピーな空気です。店員さん達もみんないい感じで素敵。

初めて降りた青物横丁駅。15時すぎに着いたら、ライブやってる座敷はすでに満席状態。仕方ないから座敷の外のテーブル席に。ランチメニューもあって頼んだらこれがなかなかのボリュームでした。テーブル席ではライブの音がBGMくらいの音量で聞こえてきて、これはこれで乙なもんです。
ブラインドミウラストレンジャー(夜のストレンジャーズの三浦さんのソロです。念のため。)を遠くに聴きながら海鮮丼。贅沢。続いてボンクラ峠。最後はT字路s。

ちょこちょこ座敷を覗きに行ってテーブルに戻って、の繰り返しで、ライブを聴く!ということでは大満足とは言えなかったけど、すごく良かったです。
とにかく、雰囲気がいい!
はっきり言って、ライブの質がどうのこうの、とか関係ないです。みんな楽しむために来てる。いいヴァイブしかない。お客も一緒に歌ったり、掛け声飛んだりしてる。これは演る方も楽しいだろうな。Golden Wax Orchestra で出たい!絶対盛り上がるよ!

イベントやってる14〜18時って、ランチと夜営業の間の、たぶんお客の来ない時間。そこで満席になって酒もどんどん出て。これはお店にとっても嬉しいはず。店員さん、すごい忙しそうにしてた。でも、楽しそうにしてた。
正直、庄やって、失礼ながら何も特別な印象とか持ってなかったんです。でも昨日で、僕はすごくいい店だなーって思いました。もう、「庄や」ブランドに対して。今後、他の場所でも庄や見つけたら入ると思います。一人が思ったってことは、他にもそう思った人はいるはず。これって、すごくいいことでしょう!

いやー、いい企画です。終電気にすることもないし、くつろげるし、正に大人の休日。
色んな場所で、色んなやり方で、音楽ってやれるんですよね。音楽聞くのに安くないチャージ払ってかしこまって聞いて。そういうのはもういらない!音楽聞くのに敷居は低い方がいいに決まってる!と信じてる人は、きっといっぱいいるんだな、と思えたイベントでした。
こういうのやる店、もっと増えたらいい。って、僕が知らないだけで、自由な発想で面白いことやってる人は沢山いるんだろう。これからも増えるだろう。嬉しいことです。

僕は帰りましたが、18時にライブが終わった後も、みんな楽しく飲んでたことでしょう。
次は早く行って座敷で聞こう。
くつろぎの里 庄や 青物横丁店、要チェックです!

2014年7月21日月曜日

残念だった映画「黄金のメロディ~マッスルショールズ」

黄金のメロディ~マッスルショールズ」を観てきました。
公開前から楽しみにしていた映画です。
水曜の1000円デイに行こうとしたら、なんと満席で入れなくて、あらためて数日後に出直しました。
水曜の時は開始1時間前に行って売り切れだったので、今回は2日前に映画館に行って指定席券を購入。
会場は多めに見積もって三分の一くらい埋まってたかな。
音楽好きっぽい客層でした。
1000円デイの効果ってすごいんだなーと思いながら、長い予告編の間も期待が膨らんでいきます。
導入部、「ダンス天国」をバックに、カメラがミキサーやアンプの真空管をアップでなめていく。
かっこいい!

2時間後。

結論・・・面白くなかった。
残念でした。

とにかく演出が酷い。

演出っていっても、なんか映画的なこととかそういうマニアックな話じゃないです。
とにかく全編に渡って、アメリカの下らない番組中に流れる三流再現ドラマみたいな、笑っちゃうくらいのベタでダサい感じが続きます。

まず、街の撮り方が美しすぎる。

綿花畑とかテネシー川とか、もうラッセンのイルカの絵に匹敵する綺麗さ。
リアリティゼロ。
通りで縄跳びしたり歩いてくる子供を、なぜかスローモーションで使ったり、ほどほどにヨボヨボのおじいさんを映してみたり。
そんなわけないだろ。
そんな美化されたもの見たくありません。
僕は同じ南部のニューオリンズにいました。
美しい光景はいくらでもあります。
それを美しく撮れば、絵葉書みたいなウソみたいな絵になることもわかります。
でも、それは一面でしかない。
綺麗なものを表面だけ綺麗に撮って提出するやり方は、僕は嫌いです。
本質のない、ウソだから。

インディアンの聖地ぽい場所に近づいてゆくシーンでは、怪談番組とかでありそうな、宙を浮いて進む視点ショット。

音楽はもちろん意味深な大太鼓。
「そして時が経って~」みたいなナレーションの時は、なんと青空が早回しになりましたよ。
ずっとこの調子。
家で突っ込みながら見るのはいいかもしれないけど、映画館で真面目にみるのはけっこうしんどいです。

別に映画的に最高の演出を期待してたんじゃないけど、いくらなんでも節度があるだろう、と。

そもそも映画の題材がサザン・ソウルですよ?マッスルショールズですよ?
TV的な感性とは対極の、リアルで実直な音楽。
それを扱うのに、この不誠実な演出はおかしい。
でも、まあ悪意はないはず。
アホなセンスないアメリカ人の仕業だから仕方ない。
音楽映画だし。
ドキュメンタリーだし。
内容が良ければそれでいいや。


と、言いたいところですが、内容も良くなかったです。

僕はもともとサザンソウルが好きで、いっぱい聴いてるし、本も読んでます。
この映画にも、新しい発見があったり、音楽の現場や空気感がわかったり、期待していたわけです。
でもその期待は裏切られました。
ひとつも発見はありませんでした。
それどころか、マッスルショールズという題材を描くには、抜け落ちてる部分が多すぎる。
基本的に、リック・ホールとスワンパーズしか描かれてません。
クイン・アイヴィーもチップスモーマンも出てこないし、フェイム・ギャング、ボビー・ウォーマック、トム・スタッフォード等は、名前が一度出てくるくらいです。
人物を掘り下げる、というわけでもない。
ただリック・ホールへのインタビューを流すだけです。
ほとんどの内容は、すでに知ってること。
リックホールと同じくらいジミー・ジョンソンが語りますが、なぜかレナードスキナードの話が多い。
どっちの話も、そして他のスワンパーズのメンバーの話も、まあ面白いですよ。
あの時こう思った、とか、幼少の思い出、とか。
でも、とにかく発見はありません。

音楽的なシーンも少ない。

それぞれにレコーディングの思い出とか語りますが、名著「スイート・ソウル・ミュージック」で語ってることとほぼ同じ内容です。
ギュラルニックの取材映像があって、それを流用してるのでは、と思わせるほどです。
最後のほうに、アリシア・キーズがフェイム・スタジオでレコーディングするシーンがありますが、それもレコーディング風景PVみたいです。
ギターのヘッドを後ろからかっこよく撮ったりしなくていいから、もっと音楽的なやり取りや空気感を映して欲しかった。
アリシア・キーズにはいい宣伝になったでしょうけど。


良かった点は、好きな曲を映画館のいい音響で聴けたことと、ほぼ活字でしか知らなかったミュージシャンの映像を見れたことですね。

実際、語る姿を見ることで、ミュージシャンに対する印象が変わりました。
リック・ホールのことが大好きになりました。
とても音楽を愛する、誠実な人なんだな、と思ました。
誤解を恐れずに言えば、ジミー・ジョンソン達ミュージシャンよりも、よっぽど音楽を大事にしてるな、と思いました。
フェイムの音、僕を感動させた音は、リック・ホールが作ったんだな、と実感しました。
これは、発見と言えるかも。


とにかく、すべてが表面的・概観的です。

「自然の豊かな田舎町にマジックを産むスタジオがあった。スターが訪れてヒット曲が生まれた。確執もあった。ボスのリック・ホールの生い立ちは不幸だった。」
内容はこれだけです。
マジックの産まれた理由や周囲の環境を掘り下げることはしていません。
なので、マッスル・ショールズについて理解を深めたいという考えの人には勧めません。
僕がそうでした。
かといって、ぜんぜん知識のない人にマッスル・ショールズの全体像を紹介するにも不十分です。

それでも、この映画にお客が入ることで、こうしたジャンルの映画がこれからも輸入されてくるかもしれません。

なので、寄付のつもりで見にいけばいいと思います。
変に期待せずに行けば、がっかりすることもないですし。
題材が題材ですから、それなりに楽しめると思います。
あと、エンドロールもちゃんと見たほうがいいです。
いいシーンが挟まれてるので。
リックホールの最後の言葉は、素晴らしいです。

2014年7月19日土曜日

ブログはじめます

コンドウ哲平です。

アルバート式と呼ばれる、古い型のクラリネットを吹いています。
ライ・クーダーから入ってルーツ音楽全般を通過、ついにはニューオリンズに住んで、3年前に東京に戻ってきました。

ニューオリンズの音楽について、とても詳しいです。
カトリーナによる洪水で街がボロボロになった2年後に留学して、約4年間住みました。ハリケーン後の街の様子や変わってしまった音楽シーン、現地で得た音楽観について、少しずつまとめてみようと思ってます。

クラリネットに関しても、かなり詳しいです。
僕がアメリカに行ってまず感動したのは、楽器に関する、あるいは音楽を学ぶことに関する情報の多さです。英語圏でしか得られない色々な情報も、ここでシェアしていきたいです。

もちろん、日々の雑感なども、どんどん書きます。

偏った人間のやるブログですから、きっと面白くなるだろうと、自分でも楽しみです。

よろしくおねがいします。